ええええ?中型でハーレーの代わりになるバイクあるの?と思われた方、いえいえ、ハーレーの代わりになるようなバイクはどこにもありません。でも、ハーレーのような旅バイクが好きな人にオススメするとしたら、このバイクが良いんじゃないかな・・っていうのをダラダラ書いたのが、今回のブログ。まぁぶっちゃけ私がイイ!と思ってるバイクそのまま書いただけなんですが・・。

皆様ご存じの通りハーレーはスピードより体感的な気持ち良さを重視したクルーザーですが、この気持ちよさって「巨大質量を大きな爆発力で駆動する」という原始的な価値観に支えられてるところがあります。軽量化や適正化を金科玉条とする日本車とは価値観が全然違うんですよね。それ故車体もでかいし、価格も高いし、車重もビックツインのモデルだと300㎏になっちゃう。

ハーレーの乗り味ってこの車重だからこそ出てるところがあるんで、そこにとやかく言うつもりはないんですけど、300㎏って車重はフツーの人には、かなりキツイ。メッキメッキしててコケればパーツ代も高い。取り回しに自信があれば良いけれど、自信がないと「重い→コケる→パーツ高い→直す→コケる→パーツ高い」のコンボハメで預金残高が削り殺しになる可能性がある。

バイク以外の商品なら、「コケやすければ修理費安い」「修理費高いならコケにくい」というどっちかになってるのが常識なんですが、高額バイクの世界は男の甲斐性を試されてるようなところがあって、この原理原則が働いておりません。

現行ゴールドウィングはようやくその非常識さに思い至ったのか、重量級クルーザーの削り無限コンボを断ち切るため「立ちゴケしてもパーツ激安」という設計手法を取り入れてるわけですが、通常のバイクは立ちゴケすれば普通に壊れ、普通に所持金が減る。この無限コンボを敬遠してハーレーに踏ん切りつかない人はかなりいると思うわけです。

正直言うと、私はストップ&ゴーを繰り返す狭い日本をクルージングするのなら、ハーレーのような大排気量空冷Vツインじゃなくても、もっと軽くてリーズナブルでストレスなくて、同様の美点があるバイクでいいんではないかなぁ?とも思ってます。そんなアナタに中型クラスで私が是非お勧めしたいエンジンがあるんですよぉ。

それは昔発売されていたGSR250に搭載されてた「水冷SOHCパラツイン」です。250のエンジンはパンチ力がないので、ショートストロークの連打性能でパワーを稼いでいく傾向が強い中、極めて珍しいロングストローク型のパラツインで、スペック上はなんの取り柄もないように見えるし、表だっての賞賛も見たことがない。

でも、このエンジン実際に乗ってみるとメチャクソいいんですよ。とにかく街中で使う常用回転域が秀逸。もうエンジンフィールにほだされ癒やされて「フアァァァァアアアアアーー!!!」ってなる。250乗るのは若い方々で、どうしても刺激を求める傾向にあるから回して乗るじゃないですか。そんな乗り方にはこのエンジンはイマイチ応えてくれない。そのかわりといってはなんですが常用回転域になんとも言えない品がある。小排気量なのに乗り味が皇帝っぽくて、「エンペラー小学生」っていいたくなる。

エンジンの美点がハーレーに良く似てるんですね。そりゃ気筒あたり125ccのパラツインですからドコドコはいわない。でも中低速にまったり感というかトロリ感というか、なんとも表現しがたい癒やし領域があって、フツーに流してるときの気持ち良さったらない。ハーレーみたいに常に気持ちいいとこ使って走りたくなるんで、自然と速度も落ち着いてくる。

低排気量では珍しい「水子の霊が母を求めて」型のエンジンで、羊水に浸かってるような優しい安心感と気持ちよさがあるんです。そして何より絶対馬力が日本の制限速度に計ったようにピッタンコ。前回「ストリートトリプルRSで気持ちよく走ると日本の制限速度を超えちゃうの」って話をしたところですが、それとは真逆の公道適正最強エンジンの一つだと思う。

シャーシの躾も過激さなどなく、どっちかというとスッキリ爽やかでこれまた気持ちいい。ポジションも適切でシートも分厚く尻にも優しい。ホント乗ってると「疲れた企業戦士の休日に、このエンジンを是非どうぞ♡」ってマジ言いたくなる。小排気量という制約の中で、よくこの癒やし感を出してんなーって、心から感動したんです。

しかし、そこはスズキさん。このお優しいエンジンとスッキリシャーシにゴリマッチョ系菌王デザインを一子相伝のごとく採用してしまったわけですよ。親玉の菌王(B-KING)が人気ないのにミニ菌王がメジャーモデルになるわけもない。中身が素晴らしいのにデザイン濃すぎて売れないのはスズキの負けパターンの王道ですな。

GW250(B-KINGを彷彿とさせるようなちょっとアクの強いスタイリングですが、乗ると乗り味のスッキリ感と癒やされ感に目から鱗どころか、エラまで出る。)

ところが2017年、スズキはGSRをディスコンにして、このエンジンをVストローム250とGSX250Rに搭載してきたんですよ。いや~これ正直予想外でした。GSX250Rはともかく、Vストロームはあり得ないだろ?と思った。だって私はVストロームは「Vツイン積んでるからVストロームっていうんだ」と思ってたから・・・。「Vストロームの名前そのままにパラツイン積んでくるなんて普通考えない」ですよね?フツーは「パラストローム」になると思いますよね?じゃあ、このVの意味ってなんだったの?ってスズキのページを見てみると、

英語の「万能、多目的」を意味する“Versatile”と、ドイツ語で「流れ」を意味するStromを合成したもの

だそうです。

ウソつけぇぇえぇええええええ!!!

バイク乗りにVっていえばV型エンジンでしょ?それしか頭に浮かばないでしょ??650や1050にわざわざコスト高のV型エンジン積んで、V型アピールするためにV-stromにしてたんじゃないの?今更そりゃないでしょ?紛らわしすぎるでしょ??そもそもなんで「Versatile」だけ略語にしちゃったの?なんで英語とドイツ語を合成してんの?バカなの?死ぬの?じゃあSV650はなんなの?あれは「スポーツVツイン650なのです♡」ってスズキさん言ってたじゃない?おかしいでしょ?いえね。実際にこの手の意味って後でどうとでもなりますからね。ネーミングの理由づけなんて後ハメでどうとでもなるんですから。Vストロームだって当初は「V型エンジンのストローム」だったはずなんですよ。でもパラツインの250出すからツジツマあわなくなって強引に解釈変えたに決まってる。え?何故そう思うのかって?

だってスズキだもの!!

これってVストロームの650が大当たりしたから、1000出して、250も出してという、スズキお得意の「柳の下のドジョウは枯れるまですくい取る式絶滅商法」の典型なんですよ。スズキは良くも悪くも「プライドを商魂が上回る」メーカーなんで、売れるとみるやパクリすれすれもやるし、恥も外聞もなく全方位に戦線を広げてくる実にわかりやすいメーカーなんです。私は「ハヤブサ」がヒットした時、ミドルクラスで「カワセミ」、アンダークラスで「スズメ」を出すんじゃないかと戦々恐々としてたくらいですよ。

でもスズキの良さは、どの排気量でも個性を出しつつ乗って良しのバイクに仕上げてくるところなんです。ヒット作が少ないから、そのリソースを最大限に生かそうとする結果、排気量違いの派生モデルにもかなりの力を入れてくる。今回のVストロームのパラツイン搭載も、ネーミングはともかく、バイク単体で見るなら、なかなかの英断だと私は思ってます。

私の中でVストローム250とGSX250RはGSRのエンジン積んできた時点で、良いバイクってのは確定したも同然となってるんですよね。あのエンジンにあわせてシャーシ作れば乗り味もスッキリとして優しいものになってるはず。ビギナーの方に「最初どんなバイクが良いですか?」って聞かれたとしたら、とりあえずVストローム250かGSX250Rを勧めたい。初心者も優しく包み込んでくれるし、ベテランにもお出しできる旨みがある。しかもですね。Vストロームはタンク容量17リッターもあるんですよ。このエンジンはリッター30㎞以上走るから、満タンで500㎞以上も走れちゃう。最早ゴールドウィングすら蹴散らしかねない航続距離のバケモノと化してんですよ(笑)。

大排気量車の心ないライダーから「へッ、所詮ニーハンだろ?」なんて言われたら「フッ、コイツの半分も走れねぇくせに(笑)何のための図体だよ!このカスがっ!!!」って言い返しましょう。相手はビビって二の句も継げなくなりますよ。私自身、「なんかアドベンチャー買え!」っていわれたら、パン・アメリカよりVストローム250を選ぶと思う。それくらいこのエンジンは流して気持ちがいいし、十分な実用トルクがある。軽いし車検もないしやりたい放題ですよ。

v-strom-250_1(250にこんなにバニアつけてちゃ重くて走れねえだろ?あ゛?っておっしゃる方、このエンジンをナメちゃいけませんよ。チャイナ国で2ケツ3ケツ+過積載ものともせず走れるように作られてるんだから、実用性は折り紙付きです。)

ここ数年、レブル250やZX250Rがバカ売れしてるけど、これって凄く正しい流れだと思うんです。小排気量でパワーは大排気量に勝てないけど、パワー以外の魅力で大排気量バイクを出し抜いちゃうみたいなバイクが増えてる気がする。魅力が増えれば250は軽くて扱いやすくて車検ないんだから売れるに決まってます。

じゃあ400ccでオススメないの?っていうと、あんまり選択肢がないんですよね。CB350は良いのはわかりきってるんですが、乗ったことないし。CB400SFは私が考える「完璧に近いバイク」の一つなんですが、実はあのバイクは私の中で400ccの枠に入ってなかったりする。あれは与えられた枠組みの中で熟成進化できる最終地点に行っちゃってるところが凄いんであって、もはや排気量どうでもいいんです。カブ様と同じでそんなの関係なく世界一だと思ってますから。で、バイクって熟成を極めれば極めるほど違和感が消えて透明になるから、評価はカブと同じで「凄すぎる普通」になる。もはや純正から一つも手を入れてはいけないくらいの神々しさがありますが、真の凄さを理解して素のまま乗るには、バイク乗りとしてぐるっと一周してくる必要があると思うんですよね。

大型免許が教習所で割と簡単にとれるようになったことで、400ccってホント選びづらい排気量になっちゃったなって思う。車検っていうデメリット担いでるところは大型バイクと同じで、大型バイクの方が性能高くて選択肢多くて価格的にリーズナブルだったりする。だから中型オススメは必然的に車検のない250ccクラスになってくるんですよね。250ccから車検のある400ccにステップアップするんなら、「大型免許取得して600ccクラスに行く方が、選択の幅もあるし個性のあるバイクが多いんじゃないかなぁ」と思っちゃうんです。

つーことで長々と書いて参りましたが、中型免許の範囲内の旅バイクとしてVストロームはマジオススメです。特にエンジンはマッタリ派が選択する価値が大いにあると思ってますので、興味のある方は是非試乗してみて下さいね。

V-strom2
(こちらがVストロームのイメージ。あえて言うなら「超有能サポート系妹キャラ」。アドベンチャーだけどGSのようなオラオラ感もないし、ムルティストラーダのようなキャピキャピ感もない。GSRと比較して鈴菌独特のエグみも消えてるから連れ回しても格好がつくし、ネーミングだって超人バロム1の「バロローム」みたいで、ちょっとこじらせたヒーロー感があってステキなんですよね。)